眞子さま、国民の声を「姑扱い」

小室圭さんと眞子さまの結婚問題

 

平成から令和に持ち越された懸案事項といえば、やはり秋篠宮家長女眞子さまと小室圭さんの結婚問題だろう。

そもそも、2人の婚約内定会見が行われたのは、平成29年9月3日。
発表されていた毛婚式の日取りは平成30年11月4日で、当初の予定ならすでに結婚していたはずなのだが、その後、小室圭さんの実母による金銭問題が浮上、結婚が延期されたのは周知の通り。

ネット上には眞子さまと小室圭さんの結婚は絶対認められないと、特に小室さんに対して罵詈雑言を浴びせる一部の人たちまでいる。

(サイゾー 2019年6月号)

小室圭さんの相手が皇族でなければ、ここまでバッシングを受けることはなかったでしょう。

問題の本質は、小室圭さんとその家族にあります。
それを見抜けなかった秋篠宮家、選んだ眞子さまにも責任は十二分にありますが。

小室圭さんの抱える問題、それはお金ですよね。
小室圭さんの母親が金銭トラブルで、皇室にお金の無心をしました。

皇室から出るお金、それは税金です。

 

 

世間では『老後のお金が足りない』、『年金の支給額が減る』、『増税』とお金に対する話題に大変デリケートです。
そういった世論の中、皇室特権で奨学金を借りたり、問題のある小室家との仲をどうにもしようとしない秋篠宮家に苛立ちの声が絶えないのは当然でしょう。
小室圭さんには現在も、ボディガードが付いています。
そのボディガードの費用は勿論、税金です。

旧華族に嫁いだ昭和天皇の皇女たち

 

昭和天皇の第一皇女の照宮成子さまは、戦争中の昭和18年に当時の皇族の東久邇盛厚氏と結婚し、東久邇成子さまとなる。
終戦後の11宮家の皇籍離脱により一般市民に。
焼け跡で畑を耕して子供の服を自らつくる節約生活を経験した。

第二皇女の久宮祐子さまは、生後1年足らずで亡くなっているが、数奇な運命をたどったのは第三皇女の孝宮和子さまである。
昭和25年に結婚した鷹司平通氏は元華族であるが、日本交通公社交通博物館に勤務していたため、「皇族とサラリーマンの結婚」といわれた。
その後、2人はそろって雑誌にも登場し、仲睦まじさをアピールしていたが、昭和41年に夫の平通氏は行きつけだった銀座のバーのマダムの家で、マダムと共に謎の死を遂げてしまう。
事故死とも心中ともいわれたが、その真相は不明。

そして、第四皇女の順宮厚子さまは、元華族の池田隆政氏と結婚して池田敦子さまとなる。岡山で牧場を経営していた池田氏は、その後牧場を改装して池田動物園を運営する。

そして第5皇女が。「おスタちゃん」という愛称で呼ばれた清宮貴子さま。
これも旧華族の島津久永氏と結婚して、島津貴子さまとなった。

(同上)

どの方を見てみても、由緒ある家柄に嫁いでいますね。
例外として一般人と結婚された方もいらっしゃいますが、どのかたも古くから付き合いがあったり、お互いを熟知しているうえでの結婚でした。

 

 

しかし、今回の小室家の場合はどうでしょうか。
秋篠宮家が小室家の金銭トラブルの問題を知っていて、交際を許したでしょうか。
普通の親の感覚だと、交際を許しませんよね。
後々トラブルに発展するのが目に見えています。

そういったことから小室圭さんとの交際については、しっかりとお調べになられなかったのでしょう。
それが今回裏目に出たのでしょうね。

そういった相手を選ばれた眞子さま、眞子さまを教育されてきた秋篠宮家全体にバッシングが行くのは仕方がないことなのかもしれません。

恋愛は自由です。
しかし、皇族となるとそうはいかないでしょう。
女性貴族の場合結婚したら皇族から抜けるとはいえ、多額の結婚一時金を支払われます。
そのお金は、皇室を出ても元皇族としてふさわしい生活をおくれるようにと支給されるものです。
それと同時に、周囲からは元皇族としての知性と品格を求められます。
お相手も同様です。

その知性と品格が、今の小室圭さんにあるのでしょうか。

眞子さまについても「恋は盲目」なのかもしれませんが、
早く眼を覚ました方が良いかもしれませんね。

参考記事:サイゾー 2019年6月号
画像引用元:PRESIDENT Online
https://president.jp/articles/-/27558

 

 

 

このブログは、「ガールズちゃんねる様」「ヤフーコメント」「5ちゃんねる様」「個人ブログ様」等からの引用抜粋です。   ãã¤ã©ã¹ã ãã...ãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

14 COMMENTS

匿名

良いではないですか?結婚しても。その代わり何があっても二人自身で責任をもって。
例えお二人が不幸になってもそれはご自身で選んだ道だから。

24
8
返信する
匿名

皇族としての精神、自覚の低さが、よからぬ人につけいられるのですね。あと日本や皇室の歴史を知らなすぎる言動には、知性のほどが伺われます。

照宮成子内親王殿下は別格です。昭和天皇の第一皇女で、母親は皇族出身。これほどの血の方は、今や存在しません。美智子様が皇室にとけこめれるよう気遣いいただいたようですが、ご苦労され早くに亡くなられました。作文からも聡明な人柄が伝わります。早く亡くなられたことが悔やまれます。
しかし、憔悴してご静養中だった昭和天皇と香淳皇后に、文句を言いに押し掛けた方がいらした(侍従長の日記に記載)。民間人でも日本人なら静かに喪に服し、そんな最中にどんな人でも思いやりを持って接しますから、まずできません。しかも昭和天皇という最上の方に対して。ただ、それができる精神次元を受け継いだ、次男の結婚、孫の婚約内定。ある意味納得。皆同じ気質の人が連なっている。

結局上流階級では、今国民が知った事実は知られていたんだとわかりました。結婚に母方の血は重要で、結婚はそこから繋がるもの。子へは思想も引き継がれるから当然のこと。
今上天皇は昭和天皇に教育され、難と悪を逃れた。

16
返信する
匿名

押しかけたお方は上皇后(当時の皇太子妃)でしたよね、たしか。これにはびっくりしました。

返信する
匿名

小室と眞子ちゃんの結婚に反対はしないが一時金など税金は辞退してほしいね。
それでも結婚するなら愛は本物。
結婚して一般人になったらマスゴミは取材しないでやってほしい。
小室は個人的には気に食わないが資格とって見返せるなら立派だけどな。
先の事はわからんね。

17
13
返信する
匿名

>良いではないですか?結婚しても。その代わり何があっても二人自身で責任をもって。

二人で責任は、できないと思う。
もうすでに外戚が私的職員で一緒に住んでいる。その住まいは税金で建てられているのに。一生食らいついて皇室を脅し税金が流れる道筋が、すでに平成にできている。いくらでも国民を騙し続けるでしょう。日本人にはない非常識な発想、大丈夫と思っていつも騙される日本人…気付いた時には手遅れで、外国勢力のやりたい放題。恐ろしい国になってしまった。

35
返信する
匿名

辞退してくれでなく、銭出しません!
それだけのこと
馬子さんの幸せ云々でなく、そういったことが腹立つ。皆そうでしょ?皇室出て勝手にやってよ。

25
返信する
匿名

母親の借金というのは、無駄に使ったお金では無く、子供の為に使ったのであれば、私は母親として責めたく無いです!
圭さん自身の経歴、行動に問題が有るなら断固反対ですが、経歴には不足は無いと思います。眞子様のお気持ちを受けて圭さんは頑張っているのだと思います!
借金問題だけで圭さんが悪者になっているのは可哀想だな!と思います!
これからの皇室、皇族は変わっても有りではないかと思います。
裕福=○
と言うのは、
私はあまり好きでは有りません!
圭さんが今一生懸命勉強している事は、今後絶対に役立つと思います。
私は、このようなお二人に税金使われても気にならないです!

50
返信する
匿名

>借金問題だけで圭さんが悪者になっているのは可哀想だな!と思います!

借金問題だけではない。

38
3
返信する
匿名

子供の為に使ったお金が、正当な仕事の対価であれば誰もバッシングしたりはいたしません。でも、詐欺師のようなことをして手に入れたお金で、子供を大学へ行かせる必要があるでしょうか。その先の見返りを期待したからではないですか。
その品性の卑しさに対して、皆一生懸命働いて納めた税金が使われることに我慢できないのです。
もし、あなたが小室さんを支援してあげたいのなら、個人的に貴方の資産や貯蓄を貢いであげてください。感謝の握手くらいはしてもらえるかも・・・ですよ。

16
返信する
匿名

人の汗水流して働いた金を使い小室圭が贅沢な留学までする事は許されますか?
元婚約者は返してくれとの希望、其れを小室圭親子は贈与と言う。
解決する事の知能も無いのに弁護士希望はおかしい。
人の金は人の金。自身で努力するべきだ。

返信する
毎日 笑顔

眞子さまに、父、母として国民の象徴として、結婚する相手が誰でも良いと言う訳でありません。その事を、眞子さまに説明できないのでしょうか?

33
返信する
匿名

一時金辞退でなく、ありません!どうぞ一般人として皇室出てから結婚なりなんなりしてください。そう決めてしまえば何にも問題ない。本気で馬子さんの幸せ思ってるからギャーギャー言ってる人そんなに居ない。

19
1
返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。